9月よりの競馬

新潟記念は疲労蓄積があると思われたタツゴウゲキの連勝、本命ミルコの想定内の検討、カフジプリンスの想定外の好走で押さえの馬連のみ。

今週末よりの秋競馬をなんとなく予想する。

まずは中山の馬場考察から

エアレーションなどの人工的な手を加えられて

本来であれば最強の超高速馬場になる秋の野芝のみの中山開催1週が

JRAの思惑によってクッション性が高まり差しが効く馬場に矯正されている。

じゃあ結果どうかというとそれを必要以上に警戒した騎手たちが意図的に

過剰にスローペースで走ることで前残りの高配当決着を演出してしまう事になりやすい。

 

セントウルs

メラグラーナ 馬込み苦手そう、これまでは外枠でラッキー。今回も外枠限定。

ダンスディレクター 浜中の淡白騎乗に繋がりそうな骨折明け、これだけでも大マイナス。

 

アドマイアゴッド 前走ティータンの好走巻き返しパターン、しかし鞍上が北村友一、、、

北村宏司よりはずっといいけど、、、

ミキージョイ&ラブソング 野田みづきさんの馬 オープンの壁にぶち当たってる感じではあるが前走前々走と出し切っていないので、リフレッシュ具合では好走も。

京成杯オータムハンデキャップ

マルターズアポジーが出走、この馬はとても読みやすい。何が何でもハナに行く馬。

でも今回は前々走と同じパターンか?岡田軍団の馬2頭のチーム戦でラビット仕掛けられたら基本終了なんですよね。そうなればまた次々走に期待がかけられる。

対してウインフルブルーム、マイネルアウラートはどう出るか?

この2頭はどちらもマルターズアポジーを突っつける脚質だけに先に

スタートスパートした馬がラビットと考えていいでしょう、多分マイネルA。

 

ダノンプラチナ、リバティ プラチナは状態次第。リバティは前走順当な競馬で好走

状態は引き続き維持ストレスも気にしなくていいだろう。でも松若関東騎乗は消しか?

ボンセルヴィーソ 揉まれてどうか?しかしマルターズアポジーと岡田軍団の争いになれば

漁夫の利がありそうなのがこの馬、ノーマークだろうし。松山歓迎。

ウキヨノカゼ 追い込み一辺倒のこの馬、基本は成績は人気と反比例の馬なので

キャプチャ

人気次第で、、差し競馬なら

ロードクエスト NHKマイル2着馬、、、それでも勝利はまる一年前のこのレース。

なんとこの馬新馬勝ちと1着レース以外は全て人気を下回る着順。買いづらい馬です。

マツリダ夫婦の成長力も疑問。これからの活躍はあるのか?人気してもダメ、しなくてもダメでは、、

グランシルク 田辺に乗り替わりは歓迎

ダイワ ツムラ歓迎

 

とにかくマルターズアポジーを誰が潰しに行くかですね。

 

データで言えば中山芝1600のハンデ戦G3では過去5年で

勝ち馬は5番人気以内のみ!

それでも勝ち馬の回収率では51~53キロ斤量がダントツ。

つまりは5番人気以内の51~53キロの馬を頭にしろってこと?
レースレース検索  人気別集計

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率 単回値 複回値 単適回値 平均着 平人気 平オッズ 単平均 複平均
1番人気 2- 2- 0- 6/ 10 20.0% 40.0% 40.0% 59 60 72.9 4.8着 1.0人気 3.8 295 150
2番人気 1- 1- 4- 4/ 10 10.0% 20.0% 60.0% 48 105 45.3 5.7着 2.0人気 4.7 480 175
3番人気 2- 0- 0- 8/ 10 20.0% 20.0% 20.0% 127 48 121.7 6.8着 3.0人気 6.3 635 240
4番人気 1- 2- 1- 6/ 10 10.0% 30.0% 40.0% 69 110 81.4 7.0着 4.0人気 8.4 690 275
5番人気 3- 0- 0- 7/ 10 30.0% 30.0% 30.0% 333 84 300.8 6.7着 5.0人気 10.4 1110 280
6番人気 0- 2- 0- 8/ 10 0.0% 20.0% 20.0% 0 74 0.0 8.3着 6.0人気 12.9 370
7番人気 0- 0- 3- 7/ 10 0.0% 0.0% 30.0% 0 121 0.0 6.9着 7.0人気 16.0 403
8番人気 0- 0- 1- 9/ 10 0.0% 0.0% 10.0% 0 55 0.0 7.1着 8.0人気 18.9 550
9番人気 0- 1- 1- 8/ 10 0.0% 10.0% 20.0% 0 118 0.0 8.8着 9.0人気 23.0 590
10番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0% 0 45 0.0 8.3着 10.0人気 29.8 450
11番人気 0- 1- 0- 9/ 10 0.0% 10.0% 10.0% 0 67 0.0 8.4着 11.0人気 37.4 670
12番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0 10.6着 12.0人気 51.9
13番人気 1- 0- 0- 9/ 10 10.0% 10.0% 10.0% 627 122 552.8 10.3着 13.0人気 65.8 6270 1220
14番人気 0- 0- 0- 10/ 10 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0 11.0着 14.0人気 100.3
15番人気 0- 0- 0- 9/ 9 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0 11.2着 15.0人気 124.6
16番人気 0- 0- 0- 8/ 8 0.0% 0.0% 0.0% 0 0 0.0 13.0着 16.0人気 219.7

集計期間:2012. 4. 1 ~ 2017. 4. 1

 

とりあえずここに新潟記念2017年のハイブリット予想を始める

気になる馬

気にするポイント

持ち時計順位

①斤量減の馬 ウインガナドル0.15 シャドウウイザード0.45 トーセンバジル0.3 トルークマクト0.3

フルーキー0.15 マイネルスフェーン0.6 ロイカバード 0.375

斤量増の馬 タツゴウゲキ 0.45 ラストインパクト0.45 ルミナスウォリアー0.3

②脚質

③種牡馬

④母父馬

⑤短縮関係

⑥騎手

⑦厩舎

⑧生産者

⑨馬主

⑩季節関係

牝馬 ロッカフラベイビー

これらの要素を各小指数化して、それらを独自の比率で合計した大指数で予想印を決定。

 

現時点で気になるのは函館記念で上位だった春天組のヤマカツライデンとタマモベストプレイ的パターンのトーセンバジル。カタチだけとは言え逆ショッカーも成立しそうな馬。これもヤマカツやタマモと同じ。藤原英昭のしがらきも今年は複勝率44%。鞍上岩田も歓迎。人気がなければ。函館記念の再現なるか?

マイネルフロストは好きな馬だけど洋芝実績が悪すぎ。キタサンBで有名になったL系のブラックタイドで金走好走中なので回収率的にも美味しくはないだろう。この馬は基本穴でくるときしか美味しくない。というか典型穴リズム。

フルーキーはやっとトップハンデから開放された。しかし鞍上が北村宏司では内からの上手い競馬が望めない。

トルークマクトは逆ショッカー発生スムーズに行ける外枠も歓迎穴演出なるか?

ルミナスウォリアーは本命にしたいところだが鞍上変更がマイナス、新潟外回りもイマイチ1枠も実ははじめて。外厩は和田一郎天栄はなんと複勝率50%超え。悩ましい1頭。

ロッカフラベイビー 牝馬は回収率断然上位しかし中型牝馬でウチパク鞍上はどう見てもマイナス。

 

 

ANARYTHM